ウィークリーマンションとは最低一週間契約する必要があるという意味で、それ以上は日割り計算ができ便利に利用できます。

駅から離れていても

駅から離れていても

短期間だけ契約できる住宅

駅から離れていても
数週間から数か月の出張で見知らぬ土地で過ごす場合、ビジネスホテルで過ごすのは費用もかさみますし、狭い空間でストレスもたまります。
そんな時はウィークリーやマンスリーマンションを借りるという方法もあります。
広告で見たことがあったり、近所にウィークリーマンションがあったりしても実際に利用したことがある人はそう多くないでしょう。
ウィークリーマンションやマンスリーマンションとはどんなシステムになっているのでしょうか。
もしかしたらウィークリーマンションは週単位で契約するマンションで、マンスリーマンションは月単位で契約するものだと思っている人が多いかもしれません。
実際のところ、ウィークリーマンションとは最低一週間契約する必要があるという意味で、それ以上は日割り計算ができます。
またマンスリーマンションは最低一月契約する必要がありそれ以上は日割りで滞在することも可能です。
それが分かると、出張以外でもいろいろな便利な使い方が出来そうですね。
例えば、家屋を建て替えるときに数か月仮住まいとして利用できるかもしれません。
また自宅のリフォームをする時にも数週間利用できるかもしれません。
また遠方から親戚が来て長期滞在するときにも、ホテルを借りるより安上がりかもしれません。
また普段海外で生活していて、一時帰国した時の住まいとしても利用できるかもしれません。
ホテルを借りるよりお得感がありますし、仮住まいながらも自宅のようなくつろげる雰囲気もあります。

Copyright (C)2017駅から離れていても.All rights reserved.