家探しで大切なポイントの一つが、部屋の窓がどの方角に向いているかという点です。

駅から離れていても

駅から離れていても

初めての家探しで注意すること

駅から離れていても
大学進学のため、実家を出て初めてマンション一人暮らしを始める人もいるでしょう。
何ごと初めてづくしの体験の中で、大きなイベントの一つが家探しではないでしょうか。
どんなマンションを借りるかで、その後の数年の生活の質が変わって来るといっても過言ではないでしょう。
ではマンションを探す時にはどんな点に注意できるでしょうか。
まず大切なのが、部屋の向きです。
これは風水などが問題なのではなく、日当たりに直結する大事なポイントだからです。
下見をしたときには部屋が何向きなのかを必ず確認しましょう。
自分で分からなければ部屋を案内してくれる不動産屋さんに聞きましょう。
窓が南向きというのがベストです。
日当たりが一番よい方角です。
窓が北側にしかついていないと、日当たりが悪く、冬はかなり冷え込む可能性があります。
また西向きの部屋は、夕方になるとものすごく陽が入ってきます。
いわゆる西日というものです。
西日の強さは侮れません。
夏の西日は特につらいものがあります。
夕方汗だくで帰ってきたら、外よりも家の中のほうが暑い!
なんてことになりかねません。
日当たりは、人間の体や精神に影響を与えるといわれています。
一日中いつの時間帯も暗い部屋に住んでいると、気持ちまで暗くなってきます。
また日当たりの良い部屋は、冬にほとんど暖房をつけなくていいほどかもしれません。
エアコンは同じ時間だけつけるとしたら、冷房より暖房のほうが電気代をくいますから、日当たりの良い部屋のほうがより経済的かもしれません。

イチオシサイト

Copyright (C)2017駅から離れていても.All rights reserved.