ベビーカーを押して移動しやすいように、入り口にスロープを設けるのは大切ですか。

駅から離れていても

駅から離れていても

子育て世代の必要を考える

駅から離れていても
子供のいる家庭は、子供のいない家庭とは生活の仕方が異なります。
子供がいる家庭では、子供のお世話を中心に生活が形作られています。
子どもが小さいうちは、この傾向が顕著です。
小さい子供は、文字通り付きっきりのお世話がいるので、それも当然です。
それで小さい子供がいるお母さんたちは、外に出かけるのにも苦労があります。
小さい子供に服を着させて、外出先で必要になりそうなアイテムもすべて準備しておく必要があるからです。
それで、各業界でも子どもを持つお母さんたちの需要を満たすようなサービスを次々に開発しています。
これは、マンションを扱う業界でも同様です。
分譲マンションでは、お母さんたちの需要を満たすように特別な努力を払っています。
それは、なぜでしょうか。
家庭によっては、財布を開く決定権を妻が持っているからです。
それで、お母さんたちがその物件を気にいれば、購入へと傾くのです。
マンションを買ってもらいたい側としては、決定権を持つ人の気持ちを満たすように努力を払うのは当然です。
それで、子どもを育てている最中のお母さんたちの必要を満たすような造りを目指して、物件を設計します。
子連れのお母さんが外に出かけるときには、大人だけの外出の何倍もの苦労があります。
ベビーカーを押していくようなケースでは、なおのことそう言えるでしょう。
それで、マンション入り口にはベビーカーを押して入るのに便利なスロープを設けます。
これがあるとないとでは大きな違いになるからです。

イチオシサイト

Copyright (C)2017駅から離れていても.All rights reserved.