電気式の圧力鍋を導入すれば、ガス台が一口タイプでも作業の分担をすることが出来ます。

駅から離れていても

駅から離れていても

圧力鍋を使う

駅から離れていても
作業を分担すると仕事はスムーズに進みます。
仕事を独りで行うよりも、複数の人数で同時に行うほうが効率よく仕事を片付けられます。
それで、必要なのは仕事を分担する視点です。
仕事を分配できないと、結局一人が仕事をすることになり効率は悪いままです。
どの仕事を誰に任せることが出来るかが見極められれば、それをお願いすることが出来て仕事の処理速度は飛躍的に高まります。
これは学生マンションで料理をする時にも当てはまります。
学生マンションには、特徴があります。
一つは、キッチンが広くないという点です。
それで、料理の各ステップを上手にこなしていく上で、広い視点を持つことが必要になります。
実家ではキッチンに二口や三口のガスコンロがあったことでしょう。
では、学生マンションで一口ガスコンロしかない場合はどうしたらいいのでしょうか。
使えるのは、圧力鍋です。
ものによってはガス式ではなくて、電気式のものがあります。
つまり、ガス台を使わずに電源さえ確保できれば圧力鍋を使えるのです。
これがあると事実上、二カ所で同時に作業が可能です。
ガス台で何かを炒めたり、焼いたりしている間に、電気式圧力鍋で他のものを煮込むことが出来るのです。
料理では火を使って熱を加える必要のある工程が何カ所も登場します。
ガス台にしか加熱機能がないと、そこがボトルネックになって作業のスピードは上がりません。
しかし、電気式の圧力鍋を使えば作業を分担できるので、大幅に仕事のスピードが高まります。

イチオシサイト

  • レオパレス21 グアム知事杯女子ゴルフトーナメント委員会公式サイト【http://www.guamgolf.jp/

Copyright (C)2017駅から離れていても.All rights reserved.